住民票・戸籍・市区町村等

住民票・戸籍・市区町村等

住居表示プレートの取り付け方と「取り付けたくない方」へ。

住居表示方式で住所を決めている地域では、建物の新築又は建替えがされると、建物所在地を管轄する市区町村に、新築建物の届け出をすることになります。この新築届がされると、市区町村では次のことを行います。①新築建物の住所を決める。 ②住居表示付定通知書を発行する。 ③住居表示プレートを交付する。 今回の記事では、上記③の新築建物の住所が決まった際に交付される住居表示プレートについて、ご紹介していきたいと思います。(^^)
住民票・戸籍・市区町村等

隣の家と住所が同じです。変更は出来るの?

「同じ住所なんてあるの?」引っ越しの際、こんな経験をされた方もいらっしゃるのでは?この記事では、同じ住所が存在する理由やその解消方法などについて解説していきたいと思います。ではでは、早速に。
住民票・戸籍・市区町村等

新築届とは新築建物の住所を決定する手続きのことです。

建物を新築した時、建物の建替えをした時に、新築・建替えをした建物の住所を決める手続きが必要なんです。この住所を決める手続きって、結構、重要なんです。では、この手続きをしないとどうなるんでしょうか? 答えは、新築又は、建替えをした建物の住所が決まらないために、新築又は建替え建物への住民票の異動手続き(転入・転居)が出来ないんです。 それでは、普段気にも留めない、建物の新築・建替え時の住所登録手続きについて解説していきたいと思います。
住民票・戸籍・市区町村等

住所の決め方について解説してみました。|地番編

住所ってネットで欲しいものを買う際に登録したり、荷物を送る際に発送伝票にに記入したり等々、身近なものですけど、どうやって決まるのか?意外に知りませんよね。(^_^;) 今回の記事は、そんな身近な住所がどうやって決まっているのかご紹介したいと思います。ではでは、早速に。
住民票・戸籍・市区町村等

住所の決め方について解説してみました。|住居表示実施編

「住民票に出て来る住所って・・・」「どうやって決まるんだろう?」また、「道路に囲まれた土地を右回りにまわると、目的の住所が見つかるって本当?」などなど、住所について、一度は疑問に思った事はありませんか?さて、住所の決定方法には以下の2つの方式があるんです。①地番方式 ②住居表示方式 この記事では、住居表示方式について解説していきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました