不動産・登記・法務局

不動産・登記・法務局

原本還付とは提出書類を返却してもらえる手続きです|初めての不動産登記

  はじめに この記事では、 初めて不動産登記申請手続きにチャレンジする方むけに、 登記手続きの中の「原本還付手続き」について以下の項目をご紹介致します。 ◆登記申請時に提出する書類の原本還付手続きの手順 ...
不動産・登記・法務局

登記情報って何?その活用場面と取得方法

  はじめに この記事では、 不動産の「登記情報」について、 ◆登記情報とはどんなものなのか ◆登記情報を活用する場面 ◆登記情報の取得方法 を、 サクッと、ご紹介したいと思います。 では、...
不動産・登記・法務局

超重要!不動産の登記申請書作成時の原則と原則が必要な理由

はじめに この記事では、 自分で不動産登記手続きをする場合、 主に登記申請書作成時に必要となる以下の原則、  ⇩ 【原則】  作成される登記申請書の記載事項は、登記簿(登記記録)の記載内容と一致しなければならない。 ...
不動産・登記・法務局

抵当権抹消登記の難易度、あなたは自分で?それとも依頼する?

  はじめに いきなりですが、 抵当権抹消登記手続きの 難易度 は5段階中   ” 1.7 ” ほど です。 抵当権抹消登記手続き、この難易度だったら・・・、 ◆あなたは自分でやる派? ◆それと...
不動産・登記・法務局

不動産登記手続きが分からない人に最初にして欲しい事。

はじめに 不動産登記手続きが分からない人に最初にして欲しい事!!!    ⇩⇩⇩ それは、 自分がしたい登記を確認する事。     この記事は、 不動産の登記手続きが、 ◆全く分からない。...
不動産・登記・法務局

照会番号付き登記情報は登記事項証明書の代わりになる?

登記情報が便利なのは、なんといっても次の2点。①インターネットで請求・取得が出来る。②料金が「登記事項証明書」にくらべ安い。上記に加えて、登記事項証明書の代わに証明書と同様に使えたら更に便利になりますよね。それが可能となるのが 「照会番号付き登記情報」です。この記事では、照会番号付き登記情報 について以下の項目でご案内したいと思います。① なぜ?「照会番号付き登記情報」は証明書と同様に扱われるのか。② 「照会番号付き登記情報」が証明書と「同様に扱われない」場合もあるんです。 ③【考察】照会番号付き登記情報は今後どうなる?
不動産・登記・法務局

登記情報と登記事項証明書の違い4点の解説。

この記事では、登記情報と登記事項証明書の違いを解説していきたいと思っていますが、まず最初に、覚えて頂きたいことは、 「登記情報」と「登記事項証明書」どちらも、そこに記載されている登記された内容(登記事項)に 違いはありません。ですので、 ここで解説する「登記情報」と「登記事項証明書」の違いは、「登記情報」と「登記事項証明書」 に記載されている登記された内容(登記事項) 以外の違いを解説していきたいと思います。では、「主な違い4点」と「その違いが生じる理由」を解説していきます。
不動産・登記・法務局

法務局を探す場合は、法務局ホームページ又は電話番号案内で。

この記事では、「登記簿謄本を取得したい」「登記申請の相談を受けたい」けど・・・、どこの法務局に問合せていいのか分からない。という方向けに、以下の2点についてご紹介いたします。 ・法務局を探す場合の基準 ・法務局を探す方法 それでは早速、本題に。(^^)
不動産・登記・法務局

不動産持分適当に決めると贈与税が課税されるよ!!

今回は、不動産を2名以上で購入する場合の所有権の共有割合(共有割合の事を「持分」といいます。以下、共有割合を「持分」と記述します。)の決め方について書いていこうと思います。 最初に、 持分の決め方は、共有者全員の合意...
不動産・登記・法務局

住所変更登記を自分で出来ますか?出来ますよーー。

初めて登記手続きをする方にも分かるように、手続きの解説をしていきますよーー。 ヽ(^。^)ノ さーーッ。今回は、住所変更登記手続きについての解説です。 登記手続きを自分で出来る機会は、そう多くはありませんので、 是非、 是非、 積極的にチャレンジして行きましょう。 ヽ(^。^)ノ この 住所変更登記手続きにチャレンジすることで、 普段はあまり考えたりしない、法的な権利や義務について考えてみたり、登記の仕組みを体験できたり等など きっと、あなたにとって貴重な経験になると思いますよーー。
タイトルとURLをコピーしました